車の下取りと買取の違いについて

近年、自分の愛車を売却しようと考えている人が増加しているといわれています。

 

そこで、売却を検討する場合、車の下取りと買取りの違いをしっかりと理解しておくことが望まれています。車の下取りは自動車を購入したカーディーラーに車を買い取ってもらい、そのお金で新車を購入するということが通常です。

 

一方、買取りの場合は中古車買取業者によって査定額を出してもらって買い取ってもらうというものです。

 

下取りの場合は大抵安い値段で買い取られてしまうことが多いですが、ここ最近は中古車買取業者が増加していることもあって、このような業者に買い取ってもらうと下取り価格よりもずっと高額な金額で買い取ってもらうことができる傾向にあります。

 

 

車下取り

株式会社エイチームが提供しているかんたん車査定ガイド
概算価格も、入力してスグにわかるのがポイント!
すぐにあなたのお車の買い取り価格の概算が知りたい方におすすめです
入力してスグに概算の最高額がわかります
車下取り


 

車下取り

大手を含む150社以上の車買取業者から、最大10社に一括で査定依頼
上場している企業で安心して見積り依頼ができます
車買取比較サイトの累計利用者数は60万人以上!安心の実績で、はじめて車を売却する方にもおすすめです。

 

車下取り


車下取り

言わずと知れたカーセンサー
郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)などをご入力の上、依頼を一括でお申し込みもできる

 

車下取り


車の下取りと買取のメリットデメリットとは、ディーラーでの新車値引きと買取業者での高額査定のどちらを選ぶかで決まります

新車を購入する時には、それまで乗っていた車を手放す事になります。その場合、ディーラーに下取りしてもらう方法と中古車買取業者に売却する方法があります。車の下取りと買取におけるメリットデメリットとは、車の価値をどのように捉えるかで決まってくるのです。ディーラーの下取りというのは、基本的に新車の販売価格からの値引きの手段として車の価値をとらえます。その車が市場でどのような価値があり、どのくらいの値段で取引されているかは余り関係なく査定をします。ですから査定額はおしなべて低めになります。ところが買取業者は、買取った車を市場オークションに出すので、その車の市場価値というものに敏感です。多少古い車でも市場での需要が多いと、査定額も高く付けてくれるのです。

オンライン車査定のメリットとは何か

車査定の方法には色々なものがあります。中でも、オンライン車査定は人気のある査定方法の1つになっています。これはオンライン車査定にメリットを感じる人が多い証拠と言っても過言ではないでしょう。オンライン車査定のメリットとはなんと言っても、インターネット環境さえあればどこに居ても、24時間いつでも思い立った時に愛車の査定申し込みをすることが出来、買い取り相場を知ることが出来るということです。また、愛車をいちいち各買取業者へ持ち込む必要がないので、複数の買取業者に査定をしてもらうことが可能であるというのも、オンライン車査定のメリットになっています。複数の買取業者に査定してもらうことで、それぞれの買取業者に持ちこんだ場合の買取相場を見比べたり、最高査定額を知ることが出来る為、納得の行く金額で買取してもらいやすくなります。